今日は、新橋にある支留比亜珈琲店の新橋銀座店でカフェ会を開催してきました。

カフェ会には様々な方がいらっしゃるのですが、こんな方でした。

外資系の会社で会社員として働きながら、使える時間を自分のビジネスのために使っているとのこと。

「もう『これだ」と決め手活動されているなんてすごいですね!」

と褒めると、相手の方は自分のビジネスについて語り始めました。

「今メンターって言える人から『水素』について話を聞いて、将来的にすごいビジネスになるってわかったんです!」

さあ、お分かりでしょうか?

「メンター」「水素」「すごいビジネス」

気になるワードが出てきました。

更に話を続けていくと、こんな事も話してくれました。

「ある大学の教授が研究して特許も取っているすごい商品を扱っているんです!」

また気になるワードが出てきました。

「大学教授」「特許」

ここまで言葉が出てきたらもうお分かりでしょう。

「よかったら(主催者)さんも一度話を聞いてください!」

とおっしゃるのでLINEの交換をしましたが、当然私が連絡などすることはありません。

なぜなら、相手がネットワーカーだったからです。

どうして相手がネットワーカーだと分かったのか。

彼の話から出てきたキーワードを使ってネットで検索してみると、とあるネットワークビジネスの会社がすぐに出てきました。

「◯ッチェ」

という会社です。

おそらく、私が相手とコンタクトを取り個別に話を聞いたとしたら、相手は会社名を名乗ってセミナーなどに誘ってきたはずです。

ただ、その前に、会社名を隠してカフェ会に来てビジネスの話をしている時点で、法律的に黒に近いグレーだということに気づかなければなりません。

その事に気づいていないネットワーカーが本当に多いのは、とても残念なことです。

 

次回の開催は5月11日(土)の14時からです。

真っ当なビジネスを目指すあなたの参加を、お待ちしております。